Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

過去ログ

シャム子の行方 ③

最近では、耳カットされていない野良猫は、滅多に見なくなりましたが、シャム子はこのあたりの「耳カット猫」第一号だったのですよ(=^・^=)v

20170306203343a9d.jpg

ある日、母が「シャム子が弟や妹を連れてサンルームの下にいる」と言いました。
見てみると、サンルーム下の発砲スチロールの寝床にシャム子が子猫2匹を連れて入っていました。

そしてそのしばらく後で、母がごはんをあげているのを見てわたしは愕然としました!

「それシャム子じゃないよ\(◎o◎)/!」

耳カットされていないシャム猫だったのです。
シャム子の母猫です。
シャム子をいじめていたあの母猫です。

シャム子の母猫は、シャム子よりひとまわり小さくて耳カットされていません。
この辺の野良猫はほとんどその子供達でした。

いつの間にか入れ替わって、ちゃっかりご飯を食べ、子供を連れ込んでいたのです。
自分は工場で子供達と暮らしているのに。
きっといじめて追い出したに違いありません!(▼へ▼メ)

でも、しばらくしてシャム子は戻って来てくれました。
母には常に耳をチェックするように注意しておきました。

けれど、シャム子の臆病な性格は一向に変わらず、いつまで経っても触ることさえできませんでした。

「本当に馬鹿な子」

「すごく損をしているわ」

そう言って母はよく嘆いていました。
その儚げで愛らしい容姿とはうらはらの、異常なまでに臆病でなつかない性格がよほど寂しかったのでしょうね。

それでも秋が終わる頃には「シャム〜」と母が呼べば

「みゃ〜♪(=^・^=)」

と、とても小さな高い声で可愛い返事をするようになっていました。

20170306203343155.jpg

当時11歳のチビは、そんなシャム子に時々焼きもちを焼いていました。
大好きなおやつの「焼きかつお」をシャム子にあげようとすると「それはあげないで〜!」というように、足元にまとわりついたりして、仲良くなるには時間がかかるだろうと思っていました(笑)

けれど、冬が来て翌年の1月、とても残念なことに、母は急性心不全で突然この世を去ってしまいました。

母とシャム子の日々は、わずか半年余りで予告もなく幕を降ろしてしまったのです。

つづく

シャム子の行方 ②

サンルームの下で寝て、玄関でごはんを食べるようになったシャム子は、少しずつサンルームに進出し、ごはんもそこで食べるようになりました。

けど。。。

2017030501223204a.jpg

思いっきし腰が引けてるぅぅぅぅ(*_*;

ごはん食べながら「いぢめる?(= ; ・ ; =)」って聞いてるみたいな顔です(=_=;)

わたしは母に「ごはんあげるならちゃんと避妊をしなきゃダメ」と言いました。
無責任な餌のあげかたはするべきではありません。

それに、気づいたら暖蘭物語の下は猫だらけ。。。(=^・^=)vイエ-イ
なんてことになったら大変です!

2017030501223215d.jpg

こんな風にサンルームでぐっすりお昼寝出来るようになった頃、野良猫の避妊を安くやってくれる病院を探して、そこで捕獲機を借りて捕獲してから避妊手術をお願いしました。

手術を終えたシャム子は、次の日返されてきました。
けれど捕獲機のフタを開けると、一目散にどこかへ逃げて行ってしまいました(-_-メ)

怖い思いをしたのだから仕方ないですよね。。。

でも空腹には勝てず、次の日のお昼には、ちゃんと玄関で待っていてくれました(笑)

ところが。。。

2017030501223218b.jpg

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

み、み、耳がぁぁぁぁ

き、き、切れてるーーーー!\(◎o◎)/!

怪我でもしたのかと思ったのですが、あまりにきれいに切れているではありませんか!
病院で切られたのかも知れないと思い、避妊と関係ある?って予感がしてネットで調べると「耳カット猫」ということがわかりました。

【耳カット猫】
野良猫がボランティアなどにより、去勢・避妊されたことがわかるように、オスは右耳、メスは左耳をカットします。
メス猫の場合は、間違って何度もお腹を切られてしまうことを防ぐ意味もありますが

「一代限りの命です。可愛がってあげて下さい。」

という目印になり、地域猫として命をまっとうさせてあげることが目的です。
(ドイツが発祥だったと思います)

シャム子は野良猫だったので、耳カットの処置をされてから返されたのでした。

シャム子の大きな耳はチャームポイントだったので、母もわたしもショックを受けました。
慣れたらチビと一緒に飼いたいと思っていたので、知っていたらカットしないで欲しいと伝えられたのにと、しばらくはとても残念に思っていたのでした。
まぁ、仕方ないですよね(^_^;)

つづく

シャム子の行方 ①

4年前。。。母が亡くなる前の年の夏のことでした。
庭の片隅の日陰で休んでいる野良猫の親子がいました。

親猫はシャム猫で、黒に近い濃いグレイの子猫を連れていて、その様子がとても微笑ましくて、わたし達は遠目に見守っていました。

ある時、親のシャム猫の顔をまじまじと見たら。。。

とても綺麗な深いブルーの瞳をウルウルさせて、今にも泣き出しそうな表情をしていて、その様子がいかにも

「いぢめる?。。。いぢめる?。。(= ; ・ ; =)」

って言っているようで、母もわたしもすっかり惹きつけられてしまいました。

「なんて儚げな猫ちゃんなの。。(*´Д`)」

と、すっかりそのブルーの悲しげな瞳の虜になってしまいました。

近所の工場で餌をもらっていて、その母猫がやはりシャム猫でした。
餌をあげていた人に聞くと、兄弟でシャムの容姿は、1匹だったようで、何故か母猫に嫌われいじめられるようになり、そうすると他の兄弟達からもいじめられるようになってしまい、いつもビクビクしていたそうです。

そのせいでしょうか、異常な位臆病で誰にもなつかず、ごはんをくれる人には慣れてくれても、触ることすら出来ませんでした。

そのせいで、連れていた子猫は乳離れが終わる頃、人からごはんをもらうことができず死んでしまったそうです(;_;)

20170304023936204.jpg

工場の人が撮った写真です。(まだ子猫の頃です)

いつもこんな風に泣きそうな顔で見つめていました。
虜になってしまうでしょう〜(^.^;

可愛い顔に切ない身の上のオーラ全開で、母はすっかりメロメロになってしまいました。
家には、やはり野良猫の子だった、白黒のタキシードキャットのチビがいたにもかかわらず、母はサンルームの下にそのシャム猫の寝床を作り、玄関でごはんをあげて飼いはじめてしまったのでした(^_^;)

わたしはあきれながらも、やはり可愛くて仕方がなくて「シャム子」と呼ぶようになりました。

つづく

クリスマスローズの花がらで

2017030117280500d.jpg

咲き進んできたクリローちゃん達のお花を切りました。

黒いトレーに乗せてキッチンで撮影。
少々暗いかしら。

せっかくなので、ハート型のガラスのお皿に乗せてみました♡

20170301172805fc0.jpg

サンルームで撮影したら、こんなに明るく写って綺麗〜☆彡

左から、シングルレッド、ダブルイエロー、ダブル。。いえシングルブラック(^.^;、ダブルレッドちゃん達です。

2017030117280545b.jpg

この変がお気に入り♪

バレンタインは過ぎてしまったけど、こういうのも素敵ですね♡

20170301172805d95.jpg

ちょっぴりダークに(*´ェ`*)

で。。。今年もまた挑戦します実生苗v( ̄Д ̄)v イエイ

201703011728055c5.jpg

せっかちなのであの後すぐ買いに走ってしまったダブルブラック(*ノェノ)キャー

ついでに可愛らしいダブルのピコティも。

このこ達の結果は、一年後です。
(人∀・)たのみますよ〜♪

ホワイトラティス完成 劇的Before → After その2

さてさて、お待ちかねのラティス設置後になります。

20170227181242f1b.jpg

まずは、玄関から正面アーチです。
明るくなって、外に出た時の気分も変わりましたよ♪

うち玄関が一番奥なので、住宅がひしめき合っていても、全く気にならないシークレットガーデンなのですよ(笑)
これ以降周りのトタンの建物等は見えないフリして下さいね(*ノωノ)

横のラティスにはガートルート・ジェキルとオデュッセイアのコラボ。

20170227181243879.jpg

玄関横のラティスとの隙間には、ザ・ウェッジウッド・ローズのオベリスクを配置しています。(誘引は表側だけです)

201702271812436f1.jpg

突き当りのイチジクのコーナーです。
明るくなって前より広々とした感じがします(*^^*)

20170227181243516.jpg

イチジクの背後は、消毒があるのでバラは避けたいところですが、左側にはエメラルドアイルを誘引したいと妄想中♡

20170227181243648.jpg

サンルームの前もずいーっとホワイト。

サンルーム前のお馴染みのバラ花壇は、この向かい側になります。
サンルームからの眺めも変わりました。

ここには、ホワイト・メイディランド、ミステリューズ、ビアンヴニュがいます。
お気に入りクレマのディアマンティナも加わります。

20170227181243785.jpg

門扉からの通路部分です。
日陰の溝に試しに植えた、樹勢の強いニュードーンの子、羽衣が新苗から2年後、半分を覆う勢いの成長です(/・ω・)/
まだ貧弱な新雪もいます。

20170226213534b13.jpg

前回紹介した、門扉からの画像です。
すぐ横にはミニつるバラの舞姫ちゃんを植え、門扉にもカーブに沿って誘引しました。

続くスペースには、ブランピエールをお迎え予定です。
日陰の溝で大きくなって欲しいところ(^.^;

ラティス下には、つる日々草を植えて、下のブロック塀を隠してもらうつもりです(〃∇〃)
コンクリート部分は、春までにハイターで漂白します。

綺麗にしてバラの季節を迎えたいな(*‘ω‘ *)


費用は、楽天の人工木ラティス一式で23万くらいでした。
その楽天ポイントでホワイトオベリスク4個購入出来ました(≧∇≦)♪
施工費はNさんへの毎回のお食事代と、この後改めてしゃぶしゃぶ食べに行く予定です(*´艸`*)

専門店の見積もりでは、ラティス一式25万に、施工費14万程で、総額40万でしたから、もうNさんに足を向けて眠れませんね(≧∇≦)

Nさんありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ

今回、植え込み、植え替えで穴を掘った時に、コガネベビーは1匹も出て来ませんでした。
オルトランDX効果ですね(≧∇≦)/
コガネ対策なら春と秋が効果的だそうですよ。

辛い時、悲しい時に支えてくれた薔薇。
これからも一生の趣味として支えてくれたらいいな♡

ホワイトラティス完成 劇的Before → After その1

皆様、お待たせしました♪

ホワイトラティス設置の「劇的Before → After」です☆彡

ラティス設置で遅れていた、つるバラの誘引、植え替えや寒肥などが片付いてから写真を撮りたかったので、遅れてしまいました。

あぁ、こんな記事を書ける日が本当に来たのね〜♪
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

で、詳しい施工の様子を紹介したかったのですが、ちょうどインフルエンザで寝込んでしまい、フラフラと起きてみては、どんどん変化していて。。。治る頃にはほぼ完成していたのです(^_^;)

それでも、施工にあたってNさんが創意工夫して下さったいくつかのポイントなど、後ほど紹介したいと思います(*^^*)

とりあえず、本日は設置前の様子です。
家を囲むよそ様のブロック塀。。。施工中こそ小出しにしてましたが、それまでは写らないよう必死でした(≧∇≦)/

20170226212304f57.jpg

まずは、玄関からアーチ付近。
早速ブロック塀に囲まれています(^_^メ)

20170226212304b57.jpg

突き当たりは、イチジクのあるコーナーへ。
クリローちゃん達は、ほとんどこのイチジクの後ろにいます。

201702262123049ea.jpg

イチジクの周りはこんな感じ。

20170226212304cfa.jpg

イチジクのコーナーを曲がるとこんな感じで、ここはちょうどサンルームの正面になっていて、北側に向いています。
2メートルものブロック塀を補強すべくつけられた、鉄の部品が錆びていっそう残念な景観になっていました(-_-メ)

イチジクまわりのコーナーに土部分があって、日陰の溝へと続いています。(もしかして排水用?)

こちらでは庭のある家なんて100件に1件もないでしょうし、ガーデニングなんてわたしも考えたことはなかったのです。
スペースがあると、だいたい皆さんコンクリートをはってしまうのですよね。
うちより条件のいいお庭のNさん宅も、全面コンクリートで土部分が全くありません。

なのでうちは敷地はあっても土部分が少ないのです(>_<)
鉢植えなら置き放題ですが、虚弱体質で水遣りに自信がないわたしは地植え専門。
写真の溝にもアジサイ、クリロー、つるバラをどんどん植えてますv( ̄Д ̄)v イエイ

20170226212304c04.jpg

サンルーム前を過ぎると、お隣に面した通路部分になってます。

2017022621374760b.jpg

白い門扉のこちら側のスペースには、自転車置き場などあります。
うちはよくいう旗竿地です。

でも、実はお隣部分も父の土地でした。
色々諸事情ありまして、そこに住んでいた親族の名義になっていて、うちが家を建て直した後で、裏切られ売りに出されてしまいました(▼へ▼メ)
ホントは100坪あったのに。。。(´Д⊂グスン

今こうして元気にしていますけど、当時は凄いショックと悲しみに暮れていたのです(= ; ・ ; =)
子供の頃からあって当たり前の、大きなものを失うつらさは、胸がはりさけちゃうような切なさや苦しみや悲しみがあり。。。そして憎しみも(うちも他の親族も奴等とは縁を切りました)
(ついでにちゃんとやっておかなかった間抜けな父も、胸の中でもう一度死んでもらいましたよ(~_~メ))

わたしはここに建てるのは、裏切られた親せきも信用していなかったので、反対していたのだけど、新潟のお嬢様育ちで末っ子で、頭の中お花畑の母がね。。。わがままでね〜┐(´д`)┌ヤレヤレ

この辺は工場が多くうちも鉄工所でした。
父が亡くなり、時々は貸したりもしていた工場を解体して家を建て、3年後母が突然亡くなって。。。けっこうしんどいことたくさんあったのですU/ェ・、U クスン

とまぁ、この辺にしておきます(ーー;)

20170226213534b13.jpg

次は、設置後です。
お楽しみに♡


視える友人によると、裏切った親戚の未来は「八方塞がり」だそうです。

ずっと父が面倒みてきたのに、「妬み」って怖いですね。
まともな人なら「感謝」するところで、「逆恨み」や「嫉妬」してしまう心理は、深い劣等感や精神的な弱さ、自信のなさからくるのでしょうけど、そういう感情は、結局その人自身をより不幸にするだけで、幸せからは更に遠ざかっているように見えます。
わたしには、いつも彼らが実際より自分を大きく見せたくて「自分より下」と思える相手とだけ付き合っていたことが印象に残ってます。教えたがりで何故か上から目線のものの言い方とかも(笑)

彼女にうちの土地の写真を送ったら「池が視えるんだけど」と言われ、昔池があったこと聞いてたので凄い〜!とビックリでした\(◎o◎)/!

クリロー実生苗の開花 工エェ(´д`)ェエ工ー なWブラックの残念な結果

昨年実生苗でお迎えした、クリスマスローズのダブルブラックとダブルイエロー。

もちろんすぐに地植えだったけど順調に育って、この冬初開花してくれました♪

でもでも

ダブルブラックちゃんなのですが。。。

20170225021021c03.jpg

工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー


ダブルじゃない!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

20170225021021b9b.jpg

どっから見てもシングルのブラック( ;∀;)

実生苗って表示通りの花が咲かないこともあると、確かにタグに書いてあったけど、期待していた1年間だったのに。。。

あ〜ん、残念だわ。。。。(´Д⊂グスン

20170225021021973.jpg

この蕾達も絶対シングルで咲くんだろなー。。。
( ̄д ̄)エー(←不平不満満載)

だけど、一年地植えで放置でも、やっぱり庭の片隅でずっと育ってくれた子なので、シングルでも黒くて可愛いから許したげよう。
でもリベンジどーしよーかなU-ェ-;Uゞウーン

こっちは期待通りの開花でしたよ♪

201702250210219b3.jpg

ダブルのイエローちゃん。

20170225021021f04.jpg

綺麗なダブルのうなだれちゃんになりました♡

ふたつともハズレじゃなくて良かった〜ε-(´∀`*)ホッ

本当に実生苗ってこんなことあるのですね。
ハズレたことある方いらっしゃいますか???

先日紹介したダブルレッドは

201702250210212e5.jpg

★絶賛開花中★


この子が退色すると黒っぽくなるので、それで我慢することにします。

でもやっぱりダブルブラック欲しいよぉぉぉ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

気になるバラ エメラルドアイル

春にお迎えする新苗候補は決まっているのですが、ここに来て、気になるバラが。。。(>_<)

花形の似ている

20170223213144e20.jpg

黄色のフランス・アンフォと

2017022321314432f.jpg

ピンク〜グリーンに変化していくダフネを並べて植えた場所なのだけど、その上のラティスに似合うつるバラって何だろう?!

ふたつのバラに合う雰囲気では、サンセット・グロウかしら。

20170223213144c4d.jpg

フリフリヒラヒラの花形で、オレンジ〜ピンクの色合いもいいハーモニーになりそう。

でもでも、ピンク&ブルー&ホワイトメインの庭では、少々キツイイメージが。。。花持ちも良くなさそう(-_-メ)

201702232131443c5.jpg

それに、昨年迎えたビアンヴニュを薄味にしてオレンジにしたっぽくもないような(^.^;

そして、もうひとつずっと以前から気になって仕方ないつるバラが。。。

20170223213144c31.jpg

このエメラルドアイル。

中輪でアンティークレースのような色合いの、波状弁のギュっと詰まった、アプリコット、ピンク、ベージュ、グリーンの入り混じったような花色のつるバラ。

↓詳しくはこちら
エメラルドアイル
http://www.rsvp.co.jp/living_and_garden/7166.html

すぐ横がアーチのセバスチャン・クナイプで、色味も似てるかな?!

ちぐはぐな景観にならないように、花色か花形どちらかを周りと調和させたいところです。

やっぱりうちの庭だったら、エメラルドアイルかなぁ。。。
エメラルドアイルは、とてもしっかりした花びらで、花持ちも驚く程良く、その過程で色が変化していくそう。

可愛い庭、明るい庭より。。。上品な庭を目指すならエメラルドアイルよね〜?!
ハデハデなバラばっかそろえて何言ってるのって突っ込まないでね〜(*ノωノ)

妄想が止まりません(笑)

(※今回の画像は全て園芸ネットさんよりお借りしました)

クリスマスローズ シングル&ダブルのレッドが開花

うちのクリローちゃん達も咲き始めています♪

2017022100420936d.jpg

こちらはシングルのレッドです。
お花が大きめで、背は低いタイプです。

201702210042096fe.jpg

こんな感じで成長しています。

幅20センチの日陰の溝にいます(笑)
でも、ちょうどサンルームからの反射光のお陰で元気です。
こんな場所にバラ様も植えていますが、思った以上に育ってるのですよ(*´艸`*)

20170221004209032.jpg

頭でっかちちゃんだけど、可愛いのです♡

20170221004209d5f.jpg

こちらは、イチジクの影に植えたオリエンタリスのダブルレッドです。

よほどこの場所がお気に召したのか、大株に育ちつつあって、蕾も沢山(*^^)v

201702210042095d8.jpg

花茎が伸びて咲くタイプですね♪
お花は少々小さめタイプですが、綺麗な花形で気に入っています♡

201702210042416ea.jpg

曇りだったので、下から撮ったら少々ボケ気味になってしまいました。

ホワイトラティスの足元なので、ブロック塀は仕方ないですね。

20170221004209a65.jpg

うなだれちゃんを下から撮るのは難しくて、変な構図に(*_*;
でも、お花は綺麗に撮れたので。。。

201702210042413be.jpg

お顔を持ち上げてみました。
今年は、ダークがかって紫味を帯びているようです。

他の子もどんどん蕾をあげてきています♪
バラの季節が来る前の、クリロータイムがしばらく続きますね(*‘ω‘ *)

出窓のピンクはご機嫌ナナメ(=`・´=)

ピンクが出窓からお外を見てまったり〜♪(=゚ω゚)ノ

201702181155440a7.jpg

出窓のこのコーナーは、我が家の歴代ペット達の仏壇コーナーです(=^・^=)v

20170218115544507.jpg

みんなと一緒に写真を撮ろうね(*‘ω‘ *)

20170218115544c7f.jpg

ねぇねぇ、こっち見てピンクちゃん♪ヽ(=´▽`=)ノ

201702181155449bf.jpg

可愛いピンクちゃん♡こっちこっち

ピンクちゃ。。。。。

201702181155440d8.jpg

あーダメだこりゃ。。。(/・ω・)/

み、眉間がぁぁぁ。。。ハゲは脳内消去してね(^.^;

20170218115544708.jpg

  凸(`・´=メ)

ピンクちゃん。。。きょわいです〜(つд⊂)エーン


20170218115614b25.jpg

どうしてそんなに写真が嫌いなの?

クマちゃんと可愛いツーショットが撮りたかったな。。。▼/ェ・、▼ クスン


かろうじて

20170218115614df5.jpg

本日のベストショットです(;´д`)トホホ…