My Lemonade ♡(6)

今回は、もうひとつの小さな悲しいレモンのお話になります。

前記事にあったように、その頃我が家にはチビという、白黒のタキシードキャットがいました。

20180311181318fbe.jpg

うちの裏で、野良猫さんが産んだ猫でした。
母がごはんをあげて、我が家の猫になった子でした。

20180311181318c3b.jpg

チビは母の猫でした。
チビも母が一番好きで、よく甘えていました。

春頃から、近所の野良猫嫌いの人が、毒餌を野良猫にやっていたようで、4月〜5月にかけて、最初に茶トラの猫が、うちのサンルーム下で息絶えるということがありました。

既に春には、シャム子が母猫に追い出され、シャム子が戻らなくなった、サンルーム下のキャットハウスの中で発見したのです。

二度目は黒猫がやはりサンルーム下で弱っていたので、近所の人に捕まえてもらって病院へと思っていたら、最後の力を振り絞り一目散に逃げられ。。。
可哀想に、彼は何処で息絶えたのだろう(= ; ・ ; =)

20180311181318cab.jpg

7月最後の日、チビが夜中に脱走してしまい、帰って来て、次の日の朝から下痢をして、吐いて。。。昼頃には、足腰が立たない様子になってきたのです。

あぁ、なんてこと!

食べてしまったんだわ゚(゚´Д`゚)゚。


あわてて病院へ行き、一旦は落ち着き家に戻ったのですが、やがて激しい痙攣が始まり、再びタクシーで病院へ。
注射を何本も打って、落ち着いたので連れ戻ったのですが、その夜に息を引き取ってしまったのです。

2018031118131852e.jpg

わたし達は、再び突然家族を失ってしまいました。

母が逝き、半年後にチビまで。
まるで、わたし達が立ち直るのを見届けてから、自ら母の元へと旅立ったように。。。

やっと母の死から立ち直りかけていたのに。。。

次々押し寄せる悲しい出来事。

20180311181318dec.jpg

わずか半年の間に、母とチビが突然いなくなってしまうなんて。
家族が半分になってしまうなんて。。。悪い夢を見ているようでした。

「一体わたしの人生、今、何が起きているの?」

と悲嘆に暮れていました。

既に、サンルーム下のシャム子も戻って来ません。
淋しさから、妹と夜中に「野良猫さんを見て回るツアー」に出かけたりしてました。

時折可愛らしい子猫に出会ったりすると、妹が「飼う?」なんて聞いてくれて。
また、縁を感じる子がいたら。。。そう思っていました。

2018031118131843d.jpg

そして約3ヶ月後。

運命の猫「グレちゃん」との出会いが待っていてくれたのです。


【追記】
獣医さんには、警察に届けるように言われ、警察に届けました。
大体の犯人は、近所中がわかっていたので、そのことも伝えました。

警察からは、犯人にそれとなく警告の為の注意「心当たりはないですか?」的な連絡が入ったようでした。
町内会の会長さんにも連絡するようにとのことでしたので、伝えると、後日「猫を飼っている人は注意するように」と、回覧板が回りました。
関連記事
2018 11

4 Comments

園主  

ひどい人間がいるんですね。
そんな人間は 人に対しても平気でひどい事をするんでしょうね。
最近では ようやく「ノラ猫に餌をやらないように!」と言う立札が
違反とされ 撤去されているそうです。
私は小さい頃から犬派だったので 猫に対して偏見を持っていました。
大人になってからも仕事が盆栽屋なので 時々敷地に入って来る猫を
冷たく追っ払っていました。

一度 やせ細ったノラの子猫が座ってじっとこちらを見ていたのに
餌をやると居座ると聞かされていたので 放ってしまいました。
あるきっかけで猫達と接するようになり その事が悔やまれてなりません。
人間だからこそできる事があるのに 放置してしまった後悔の念です。
周りの人も多くが ノラ猫を敵視していますが 愛すれば癒されますよね。

私も振り返ると色んな事がありましたが 私より強烈な気がします。
この世は修行の場 と言われますが 納得せざるを得ません。
友達と会って 今だから話せる事は 全て苦しかった事のようです。
でも 喜びがあるからそんな事も話せるんでしょうね。

2018/03/12 (Mon) 09:09 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

園主さん

本当に、近所にこういう人がいるのは凄く嫌です。
その人は、人間関係も仕事も全てにおいて、常識を持っていない人です。

しかも、死んでいった子達は、全員耳カット猫でした。
手術まで受けさせてもらって、ごはんもちゃんともらえていた子達でした。
チビが飼い猫だったため、初めて警察沙汰になりました。
野良猫では、やはり扱い方が違うようです。
同じ目に遭わせてやりたいと何度思ったことか。

実は、うちの家族も猫が嫌いだったんですよ。
でも、あるきっかけで、猫を飼って。。。飼ってみないとわからないんですよね、可愛らしさが。

実は、わたしは今でも犬派で、でも、ロシアンブルーって猫の中で最も犬に近い性格なんです。
犬よりしつこい甘えん坊で、とても癒やしてくれる犬のような猫ですよ♡

2018/03/13 (Tue) 17:44 | EDIT | REPLY |   

しんしん  

こんばんは~

おひさしぶりで~す
ひどい人がいるもんですね~
自分さえよければって人なんでしょうね~

でもね、野良猫も(全部じゃないけど)そういう人が作り出したんですよね~
ペットを買っている人は最期まで責任を持たなきゃダメですよね。

ではまた。

2018/03/13 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

しんしんさん

どうもお久しぶりです(=゚ω゚)ノ

こんな人が近所にいるって本当に嫌になります。
そう、何事に於いても自分さえ良ければっていう
違法だらけの人なんです。

野良猫も、家の前を通るハクビシンも
心無い人が原因ですよね。
なにも耳カットされた子を。。。同じ目に遭えばいいのに(# ゚Д゚)

2018/03/15 (Thu) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment