スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- --

シャム子の行方 ③

最近では、耳カットされていない野良猫は、滅多に見なくなりましたが、シャム子はこのあたりの「耳カット猫」第一号だったのですよ(=^・^=)v

20170306203343a9d.jpg

ある日、母が「シャム子が弟や妹を連れてサンルームの下にいる」と言いました。
見てみると、サンルーム下の発砲スチロールの寝床にシャム子が子猫2匹を連れて入っていました。

そしてそのしばらく後で、母がごはんをあげているのを見てわたしは愕然としました!

「それシャム子じゃないよ\(◎o◎)/!」

耳カットされていないシャム猫だったのです。
シャム子の母猫です。
シャム子をいじめていたあの母猫です。

シャム子の母猫は、シャム子よりひとまわり小さくて耳カットされていません。
この辺の野良猫はほとんどその子供達でした。

いつの間にか入れ替わって、ちゃっかりご飯を食べ、子供を連れ込んでいたのです。
自分は工場で子供達と暮らしているのに。
きっといじめて追い出したに違いありません!(▼へ▼メ)

でも、しばらくしてシャム子は戻って来てくれました。
母には常に耳をチェックするように注意しておきました。

けれど、シャム子の臆病な性格は一向に変わらず、いつまで経っても触ることさえできませんでした。

「本当に馬鹿な子」

「すごく損をしているわ」

そう言って母はよく嘆いていました。
その儚げで愛らしい容姿とはうらはらの、異常なまでに臆病でなつかない性格がよほど寂しかったのでしょうね。

それでも秋が終わる頃には「シャム〜」と母が呼べば

「みゃ〜♪(=^・^=)」

と、とても小さな高い声で可愛い返事をするようになっていました。

20170306203343155.jpg

当時11歳のチビは、そんなシャム子に時々焼きもちを焼いていました。
大好きなおやつの「焼きかつお」をシャム子にあげようとすると「それはあげないで〜!」というように、足元にまとわりついたりして、仲良くなるには時間がかかるだろうと思っていました(笑)

けれど、冬が来て翌年の1月、とても残念なことに、母は急性心不全で突然この世を去ってしまいました。

母とシャム子の日々は、わずか半年余りで予告もなく幕を降ろしてしまったのです。

つづく

関連記事
2017 06

- 10 Comments

keiko1203  

耳カット猫

野良猫の避妊手術をすると
耳カットされるのですか
初めて知りました
私の周りの猫では見たことがないので
このへんではしてないのか、
野良猫を捕まえてわざわざ避妊する人がいないのか
おそらく後者なのでしょうね
うちに来るクロちゃん、何れ捕まえて手術
しなければと思います。
亡きお母様とシャムちゃんの心温まるお話
つづきはどうなるのでしょう

2017/03/06 (Mon) 22:43 | EDIT | REPLY |   

rekuぼたん  

(´;ω;`)

こんばんは(゜゜)
なんと お母様の心温まるエピソード(*^_^*)❤

し しかし もうお別れがやってきてしまたのですね(T_T)

どうしてシャム子ママはシャム子ちゃんをいじめるのかしら?
自然てそういうものなのでしょうか・・・

2017/03/07 (Tue) 00:12 | EDIT | REPLY |   

mimiha  

No title

>< もっとお母様とシャム子ちゃんのお話が続くと思ってたのよぉーー>< シクシク・・・・
シャム子おぉぉーー><

2017/03/07 (Tue) 08:15 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

Re: 耳カット猫

keikoさん

まぁ、keikoさんならてっきり知っていると思っていました。
やっぱり土地柄なのでしょうね。

クロちゃんも避妊する時は、確認してずっと外ならカットした方がいいと思います。
うちの近所でもそうでしたが、自治体で実施され始めるとあっという間に広がり、もう一度手術されてしまう恐れがあります。
また、家に入れるのならどうするかも考えておいた方がいいですね(=^・^=)v

2017/03/07 (Tue) 17:17 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

Re: (´;ω;`)

rekuぼたんさん

親シャムは。。。たぶん自分に似てて人気があったシャム子が面白くなかったのかなと予想してます。
白雪姫の継母チックなジェラシーだったのではと。。。

動物もイジメがあると集団心理が働くんでしょうね(´Д⊂グスン

産まれてすぐ誰かに飼われていたら、きっと甘えん坊の器量よしで幸せにすごせたのではと思っちゃいます(u_u*)

2017/03/07 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

Re: No title

mimihaさん

ごめんなさ〜い(^.^;

本当に短かったシャム子と母のストーリーですが、シャム子のストーリーはもう少し続くので、お楽しみに(^^♪

2017/03/07 (Tue) 17:19 | EDIT | REPLY |   

園主  

No title

お母さん シャム子と少しでもコミュニケーションが
とれて良かったですね。
途中で残念な気もしますが 仲良くなっていく過程を
感じる事ができて 幸せだったのかも知れませんね。
お腹をすかしていると思い 餌をあげるお母さんは
思いやりのある優しい方だと思います。

ノラ猫だった花子さん親子を見いて分かったんですが
母猫は次のシーズンに備えて 子離れするんですね。
甘えたり ついて来ようとする子供を威嚇するようになり
見ていて 可愛そうでしたが それまで一緒に過ごした
ベランダを子供達に渡して 自分が出て行きました。
子供達を育てる時の猫っかわいがりも 子離れする時の
厳しさ(冷たいまでの)も半端ではなく 心に響きました。
花子さんは 家を出て行った後 車にはねられ亡くなりました。
うちにいれば道路に出る事は無かった?と思うのですが
猫には 自分が避妊しているのがわかりませんからね。

2017/03/07 (Tue) 21:07 | EDIT | REPLY |   

シナモン  

感謝!

耳カットも意外なところで役にたってくれたんですねぇ。

お母様の優しさにやっと心を許しかけてたのに~

ロシアンさん、今まで当たり前のように、側にいてくれた

お母様が突然いなくなり、悲しく寂しい思い出を聞かせて下さ

り感謝します。

2017/03/07 (Tue) 22:03 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

Re: No title

園主さん

野良猫の子だったチビにごはんをあげて、家に入れたのも母なら、その前のノラを入れたのも母なのです(^m^)
うちは犬派だったんですけど、母は猫派だったようです(笑)

花子さんは、正しいお母さんですね。
チビの母親もそうでした。チビを残して去っていきました。
でも、チビが避妊手術を受けたあと、どこかに逃げて行ってしまった時、翌日チビを連れて来てくれて、また去っていきました。
まるで全てをわかっていたようでした。

交通事故は悲しいですよね(T_T)
最初のノラも交通事故で、1歳半の可愛い盛りだったので、ずいぶん悲しみをひきずりました。
突然のお別れは、人も動物もつらいものですね。

2017/03/08 (Wed) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Russian Rose  

Re: 感謝!

シナモンさん

そう、この時は役に立ったのだけど、次の記事のように母シャムも何時の間にか耳カットされてて、ご覧の顛末になっちゃいました(´;ェ;`)ウゥ・・・

母親の突然死はかなりつらい出来事で、しばらく血便が止まらなかったです。
父親と母親では全然違うのですよ。
シナモンさん、お母様をお大事にしてあげて下さいね(*^^*)

2017/03/08 (Wed) 17:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。