Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

カテゴリー "誘引紐の結び方" の記事

つるバラの誘引 「引き解け(ひきとけ)結び」の結び方

昨日は、Nさんがラティスの仕上げに来てくれました。

わたしは、前日に穴掘り、土入れ、誘引など、普段しないことをして、背中〜腰の筋肉痛がひどくて、何をするにも超スローモーション状態でした(つд⊂)エーン

試しに、馬油を塗って寝たらすごく良くなっててビックリ♪
でも昨日は、念のため植え替えの穴掘りをNさんにお願いしてしまいました(^_^;)

男手っていいわね〜(人´∀`).☆.。.:*・゚

201702131712477cc.jpg

猫の手はあるんだけどね(=^・^=)v

植え替えや誘引で疲れて、昨夜は早く寝てしまいました。
作業前にも馬油を塗ったおかげで、もう痛みは全くありません。

誘引するのに、「男結び」や「引き解け結び」など色々やっているうちに、自分にとって早くて結び易い方法がわかってきて、次第にそればっりに。。。

どうやらわたしには、Nさんが教えてくれた「引き解け結び」が楽で結び易いようで、だんだんそればっかりになってしまいまいた(^.^;

「男結び」と同じように、紐をポケットに入れて長いまま結べます。
イラついてつい手袋を脱ぎ捨てて傷だらけなんてこともなくなるし、何より紐の無駄がほとんど出ないのでいいですよ(^^♪

自分用の覚書としてアップしますので、興味のある方は参考にしてみて下さいね。

といっても、皆さん誘引終わってますよね(^m^;)

【引き解け結び】

20170213171247576.jpg

1.誘引する枝に右手で紐をかけ、短い方を下にする。

20170213171247867.jpg

2.短い紐の先端を持って、手前から左側へ持っていき
  左側の紐の上から引っ掛けて、手前に出すようにする。

20170213171247b0d.jpg

3.出した紐を下に向けてそろえるとこのようになります。

2017021317124720d.jpg

4.矢印の方向に引いて、固く結ぶ。
  (この時、出した紐の長さを短く調節できます)

20170213171247a90.jpg

5.結び目をおさえながら長い方の紐を引くと、
  結び目が移動して留まるので、
  長さをそろえてカットして出来上がり。

  ※この結び目を引っ張ると簡単に解けます。

最初に紐をクロスする時に、短い方を上にする結び方もありますが、わたしはこちらの方が結び易いです。

家庭用の誘引で、1年持てば良いので、この結び方が簡単で良さげです。
果樹農家さんでも使っているようです。

せっかく覚えた「男結び」も、時々やってますよ(笑)
プロ気分に酔いたい時とか(*´艸`*)