Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

カテゴリー "マダム・ビオレ" の記事

新苗でも地植えのズボラ栽培&うちのファースト・ローズ

今までここで紹介してきた

201607021641550c4.jpg

レイニーブルーも、ローブ・ア・ラ・フランセーズも、

20160702164155446.jpg

セバスチャン・クナイプも。。。昨年お迎えした新苗ちゃん達です。
(植えてあるのはアーチの右側なんですよ〜!)

皆様、我が家に到着後、まもなく地植えにされました(笑)
スパルタ&ズボラ栽培のRussian Roseでございます(^^♪

おまけに蕾がつけば、咲かせてお顔チェックもしてました。
だってだって、気になって仕方ないんだもの〜(^.^;)

水やりに自信がないのはもちろんなのですが。。。

2016070216415571e.jpg

この師匠から頂いた、後藤みどりさんの本に

「こまめな管理が無理なら、新苗も地植えがベター」

「新苗は鉢植えである程度大きく育てたほうがよいちいうのが定説です。ところが、夏場に乾燥させてしまったり、鉢増しを怠って根詰まり状態のままなど、ていねいな管理ができないケースが多くあるようです。
バラ栽培に適したスペースがあるなら、はじめから地植えにしてもよいと思います。「乾いたら水やりする」という原則を守れば、地植えでも根はしっかり伸びていきます。」


と書いてあったので(笑)

うれし〜(*´∀`*)♪
自分に都合のよいことはどんどん受け入れますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

バラの家の苗でIB肥料も使ったので、そのおかげもあるかも知れませんが。

20160702164155e8e.jpg

前記事のレイニーブルーは、こんな感じがあんなになったんですよ

新苗で即地植えでも結構育ってくれるみたいです(^_^)v


そして、今日紹介するのは

2016070217015063c.jpg

この正面の、薄紫の整ったお顔の薄紫のバラ様。

20160702170150e50.jpg

マダムビオレです。
これは小さく咲いた二番花です。

201607021641553ae.jpg

春の一番花は、はじめて側蕾を摘蕾して、美しい大きな花を見せてくれました♪

201607021641554b7.jpg

実は、この子はうちのファースト・ローズなのです。

しかも、この子を買ったのは、私ではなく、今は増え続けるバラを冷ややかに横目で見ている妹さんなのでした\(◎o◎)/!

201607021643480fe.jpg

2年前に「バラが欲しい」って言って、自分で買って来て、今現在まで、彼女は一度も水をあげたことがありません!

20160702164348e28.jpg

で、わたしがバラの育て方を調べてお世話するうちに、切っても切ってもまた咲くバラにすっかり魅せられて、ハマってしまったのでした(^o^;)

20160702164348fff.jpg

妹は、そんなわたしを見て、バラを買ったことを後悔してました。
最近は、諦めてくれたようですが(笑)

そんな妹も、部屋に飾られたバラを見ると、やっぱり綺麗で喜んでくれます(^_^)v

バラだらけになった、うちの小さな庭は、この子がはじまりだったのです。

201607021643489bc.jpg

マダム ヴィオレ

HT 四季咲き
作出 1981年 寺西菊雄

「整った花形と深い藤紫の色彩が人気の銘花
花もちが良く切り花向き 多くの女優に愛されたバラ」

20160702164504170.jpg

とあるように、今ではそうでもないですが、作出された頃は、一斉を風靡したブルーローズで、ロザリアンの憧れのバラだったようですね。

201607021643484e7.jpg

ブルームーンに似たように見えますが、比べてみると、香りはないものの、耐病性や花型や花持ちはマダムビオレの方が優秀です。

造花のように整った花形なので、つるでも良かったかなって思う位です。

今は、暖蘭物語前のバラ花壇の後列の中心にいます。
(となりはレイニーブルーです)

20160702164504fab.jpg

今年は、やっと二本のベーサルシュートを出してくれて、立派な株になってくれそうです。

20160702164348857.jpg

ところで、この子の作出者の寺西菊雄さんは、
何故菊ではなくバラだったのでしょうかね?!

迎えた時から、ひとり心の中で突っ込み入れてるわたしです(笑)

あ、でも名前をつけたお父さんかお母さんが菊好きだったのかも知れませんね(^m^;)

マダムビオレ 冬も美人さん♡

我が家のファースト・ローズのマダムビオレが咲きました。

201612211729009e4.jpg

意外なことに、このバラを買ったのは、バラが増える度冷ややかな視線の妹さんなのでした(^_^;)

買ったきり、一度も水もあげない妹の代わりに、面倒をみていたわたしがバラに嵌ってしまって。。。現在に至ってます(笑)

20161221172900341.jpg

冬もやっぱり美人さんです♡

香りがないのが本当に残念な程、シャープで美しい高芯剣弁咲きのHTのマダムです。

アイスバーグの小さな蕾が「あなたって、とっても大きくて綺麗なのね」って話しかけていそうな雰囲気です♪(*‘ω‘ *)

買った当時、バラの育て方をネットで探して、見よう見まねでお世話していたのだけれど。。。

20161221172900a7c.jpg

わたしが見ていたのは「大苗の育て方」で、咲かせる度パチン、パチンと半分も枝を切られて「新苗」だったマダムビオレは大変だったと思います。
ごめんね〜(>_<)

2年目の今年、やっとベーサルを2本出してくれました。

暖蘭物語前のバラ花壇の中心にいます。
我が家の記念すべきファースト・ローズなので、特等席にいるのです☆彡

故、美空ひばりさんが愛したバラと言われています。

来年も綺麗なお顔をたくさん見せてね(*ゝω・)♪