Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

カテゴリー "シンデレラ" の記事

シンデレラ/遅咲きのプリンセス

今日は、先日紹介したアーチのローズ・ポンパドゥール様の反対側担当の、ドイツ、コルデスのつるバラ、シンデレラを紹介しますね。

うちで一番の早咲きがローズ・ポンパドゥール様なのですが、一番遅咲きだったのがナエマ姫とシンデレラ嬢のお2人でした。

「えぇぇーーーーー!!なんてこと( ゚д゚)!!!」

よりによってアーチの両側に一番手とドンジリ娘を配してしまった。。。((+_+))
これだから初心者は。。。好みのつる系で四季咲きでと厳選したつもりが、早咲きとか遅咲きとか全く気にせず、というか早咲きや遅咲きがあるなんて知りもしませんでした。
どのバラも四季咲きとか強香とか強健とか樹形とかの記載はあっても、遅咲きとか早咲きとは書いてないですよね。
よりによってここまでズレなくても。。。(ToT)

そういう場合はやはり、メインをどちらかに決めてアーチを作るしかないのでしょうね。
なので、存在感抜群のローズ・ポンパドゥール様にはアーチの片側で咲いていただくことにして、遅咲きのシンデレラを反対側からアーチ上部をぐいーっと全部担当してもらうことに。
幸いアーチの位置や、花の大きさなんかを考慮しても、その方が感じがいいかなと思えるのが救いです。

20160201123113198.jpg

アーチ向こう側、ポスト周りをローズ・ポンパドゥール様担当にして、写真右端のこちら側からトップの向こう側までをシンデレラ担当ならOK?

それでも今年は、ローズ・ポンパドゥールを早めに少々摘蕾して、シンデレラとナエマ姫には黒マルチで地温を上げてみようかしらと、少しでも花期が近づくように試行錯誤中です。
(アーチのこちら側については、まだ続きがあるのですが、それは次回に)

201602011231135f6.jpg

20160201123113206.jpg

去年、沢山の蕾をつけて全部咲いてくれたシンデレラ。

2016020112311390a.jpg

アーチ向こう側は塀になっていて見えないので、花枝をアーチの隙間からこちら側に引っ張り出しています。

20160201123113ebf.jpg

澄んだクリアなピンクはとても素敵で、クオーター・ロゼットの中輪の花形もラブリーでとても気に入りました。

201602011231131a7.jpg

しかも「病気に強いバラ100選」にも入るくらい丈夫です。
葉の形が特徴のある可愛い丸形で、色の深い分厚い照り葉で、休眠期が近づく頃、下の方が黄色や黒星になるくらいです。

ステムを半分以上切っても、ちゃんと蕾をあげて、二番花もそれなりに整った形で咲き、切ればまた蕾をつけ。。と四季咲き性も良さげでした。
昨年は、ベーサル・シュートも立派なものを2本も出してくれました。

でも、ほぼ全員が四季咲きのバラの我が家で、この子だけ秋に咲くことはありませんでした。
同じ遅咲きのナエマ姫は秋以降も咲いてくれましたが。

どうやらシンデレラは気温が下がってくると、早めに蕾をつけるのをやめるようです。
あんなに何度も咲いてくれたのに、すごく以外でした。
今年の夏剪定はシンデレラだけ早めにして様子を見ようかしら?

お花は、とても愛らしい中輪房咲きなのだけれど、刺はなかなかスゴイです。
樹勢も強いし、顔に似合わず。。。な成長っぷりを見せてくれたんだから、早めの夏剪定で、秋にもその可愛いらしい姿を見せてくれないかしら。。。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

シンデレラ/アーチの誘引

先日の、アーチのシンデレラのお話の続きです。

クリアピンクのシンデレラも充分可愛いけれど、ご近所のピエール様を見ると、やはりメインには大輪がいいなぁと実感してしまいました。。。

2016020515431885f.jpg

かといって、ローズ・ポンパドゥール様がアーチの主役では、華やかでも、ちょっと派手すぎてくどいような。。。それに、ガーデンルームの暖蘭物語と家のタイルのアイボリーホワイトをより上品に素敵に見せてくれるのは、ピンク系よりもホワイト系かなぁ。。。と。

真っ先に浮かんだのは、王道ピエール・ドゥ・ロンサールのホワイト版、ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール!

でも、小さなうちの庭には出来れば四季咲きの似た花をお迎えしたい。。。ネットで調べて、どうやらセバスチャン・クナイプというシンデレラと同じコルデスのバラがかなり近くて四季咲きらしいとわかり、去年新苗でお迎えしました。
で、シンデレラは可愛らしい花が沢山咲くので、去年のようにアーチ側面を担当していただくことにしたのです。

20160205154318e5c.jpg

今年は側面でなるべく水平にこんな感じで誘引してみました。
可愛いからたくさん愛でたいなと思い、アーチより幅広に。

20160205154318f38.jpg

壁側から見るとこんな感じです。

20160205154318c87.jpg


201602051543184cd.jpg

アーチ上部には正面側セバスチャン・クナイプのシュートをぐぐぐいーっと誘引し、後ろ側には去年出たシンデレラの太いベーサル・シュートを二本誘引。
これは、まだ新苗だったセバスチャン・クナイプがどの位咲いてくれるかわからないので、あまり咲かなかった場合の保険です。

上手くいけば、正面から見たらセバスチャンの白い大輪、後ろから見たらシンデレラのキュートな中輪のピンクの花が見られるかも。。。と皮算用のタヌキや欲張りなウサギのように画策中(笑)

20160205154810121.jpg

反対側のローズ・ポンパドゥール様は、ポストを囲むようにアーチに誘引。

201602051548106f6.jpg

アーチが広く見えるかも?!

20160205154810bcc.jpg

前方では、アーチ上部を飾るセバスチャン・クナイプとお手手をつないでもらいました。
どんな風になるでしょうか?


でもね。。。期待のセバスチャン・クナイプもどうやら遅咲きらしいという噂。
この子も黒マルチ組かしらね(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

シンデレラ クリアピンクのアーチの準主役

今日は一番花の紹介に戻ります(笑)

201606231331445c9.jpg

ドイツ、コルデスの四季咲きのつるバラ、シンデレラです。

20160623133144bd2.jpg

多花性で、今年もたくさんの蕾を付けてくれて、たくさん咲いてくれました。

20160623133144f42.jpg

元々はアーチの主役のつもりでしたが、やはり主役大輪の白系にしたくなり、同じコルデスのつるバラ、セバスチャン・クナイプに変更しました。

セバスチャン・クナイプもコルデスのつるバラなので、このアーチはコルデスのコンビになりますね。

2016062313314463e.jpg

シンデレラの、中輪ピンクのキュートな花は、アーチ側面を担当していただくことに。

20160623133325220.jpg

アーチの片側は塀になっていて、見えないので、花枝をこちら側に引っ張り出しています。

日陰に強いと言われるだけあって、アーチの向こう側の日の当たらない側面でも変わらない花つきでしたが、セバスチャン・クナイプの方はサイドシュートの伸びからして悪かったです。

20160623133325c03.jpg

今年は、新苗だったセバスチャン・クナイプの3本のシュートでは心細かったので、アーチ上部の後方にシンデレラの太いシュートを誘引しました。

20160623133325de0.jpg

クリアなピンクがかわい綺麗〜♪

20160623133325776.jpg

アーチの上の後ろ側に誘引した、太いシュートには、こんなにたくさんの花が咲きました。

20160623133325a68.jpg

中輪でステムはしっかりして、上を向く花なので

2016062313314444a.jpg

やはりアーチ上部より、側面の担当が正解みたい。。。適材適所ね(^_^)v

201606231333254e9.jpg

満開時、暖蘭物語の脚立の上のピンクさんと(=^・^=)

特に、ブランドで選んでいるわけではないのに、アイスバーグといい、カインダブルーといい。。。コルデスも多くなりますね。

うちでは、ローズ・ポンパドゥール、ナエマ、フランスアンフォ、ビアンヴニュ、とデルバールも増えました。

どうやらわたしは、このふたつのブランドのバラが特に好きみたいですね(*^^*)
(河本ローズもスキスキよ♪)

20160623133436a21.jpg

花の終わり頃には雨が降ったので、二度目の切り花にして花瓶へ。

201606231334364c0.jpg

キュートな蕾が一杯でとっても可愛かったです♪

2016062313343640b.jpg

たくさん活けられるのは、ステム長めのつるバラならでは。
部屋に飾るのが好きな方には、お勧めです(^.^)

2016062313343680e.jpg

この子も遊びがいのある子なので

20160623133436629.jpg

またまた遊んでしまいました♪

おつきあい下さりありがとうございました(^.^)

シンデレラ 2番花

コルデスの四季咲きのつるバラ、シンデレラです。

20161007152748331.jpg

2番花の房です。

2016100715274885f.jpg

まわりの蕾も徐々にちゃんと咲いてくれました。

20161007152748ae9.jpg

春のようにクォーターロゼット風とはいきませんけど

20161007152748931.jpg

2番花でこのクオリティーなら、つるバラとしてはまずまずでしょうか。

ただ、秋は。。。どうでしょうか、
一応早めの8月20にナエマと同時に夏剪定してみましたが。

20161007153100e01.jpg

今、フライング開花したこの子が最後になりそうな予感です。

201610071531005be.jpg

夏剪定をした時、結構蕾があったので、剪定せずに今年最後の花として楽しんだ方が良かったみたいです(^_^;)

夏までは、切れば蕾をあげる子でしたけど、秋は昨年同様に、早めにお休みしてしまいそう。。。

2016100715274855b.jpg

こちらは春の花です。
キュートで春以外も咲いてくれるつるバラをおさがしの方にはお勧めです。

20161007152748986.jpg

ステムが長めなので大きな花瓶で楽しめますよ(^^♪


今年は、宿根草がナメクジの被害で、ずいぶん姿を消してしまったの。
一方で、グレコマ勢力がすごくて、そこかしこを覆ってくれたのですか、グレコマって匂いが苦手過ぎて(~_~メ)
気分悪くなるのです。。。ローズマリーは平気なんだけど。

残念ですが、グレコマは全部引っこ抜いて処分してしまいました。
葉っぱは可愛いくて期待してたのですが、育ててみないとわからないことってありますね。
(写真も撮ってないの(^o^;))