Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

カテゴリー "バラ" の記事

薔薇ブログ

さてさて、はじめての薔薇の記事です。

といっても、ここは東京23区のどこか。
お庭のあるお家も滅多にない住宅地。
わたしが現在育てている薔薇は20種類もなく
世の中には100本も200本も育てていらっしゃる方が大勢いて
マンションのベランダとは思えないほど沢山育ててたり
広いお庭で思う存分とか。。。羨ましい限りです。

基本、「水やりに追われたくない」とか「出来る限り少ない労力で」
とかがポリシーなので、うちの子達は全て地植えです(笑)

少ないなりに好きな品種にこだわって迎えた子たちを紹介していきたいと思います。

うちはお隣りの建物の関係で、冬はほとんど陽が当たらず
春だんだんといい感じになり、夏はいきなり灼熱の庭になる南向きの小さな庭です。

母は生前、家庭菜園としてきゅうり、なす、ピーマンなど育てていました。
母亡き後、家庭菜園に興味がなかったわたしは、
イギリスのコンサバトリー風のガーデンルーム「暖蘭物語」に合わせ、少しずつ薔薇を植えてきました。
その作業はビギナーながらもとても楽しいもので、突然この世を去ってしまった母への悲しみをずいぶんと癒やしてくれたものでした。

そろそろ植えるスペースもなくなってきて、アーチも今春完成予定なので、愛猫ピンクのことと共に薔薇のことを書いてみたいと思いこのブログを始めてみました。

わたしの記事を見て、ちょっとでも参考にしていただけたり、共感していただけたらとてもうれしいです。

といっても今は冬、きれいなお花はありません。

201601030150032a2.jpg


ガーデンルーム前の様子

まずはこの季節の作業や、去年の様子などを交えながら少しずつ更新していきたいと思っています。

ただ、残念なことに、ブログ立ち上げと同時期に愛猫のロシアンブルーのピンクが、FIP(猫伝染性腹膜炎)という恐ろしい病気の治療を始めることになり、バラよりも今はピンクが心配で、バラ記事は少しずつ更新することになりますが。。。

ザ・ウェッジウッド・ローズ

うちでは、ピエール・ドゥ・ロンサールの身代わりとしてお迎えしました(笑)

ご近所のピエール様は、春はとても美しく。。。

201601052356572bb.jpg

こちらのお宅がバラにはまるきっかけでした。
今では良きバラ友さんです。

でも、秋はちょっと淋しいんですよね。
限られた小さな庭だし、どうせ植えるのなら四季咲きで秋にも咲いて欲しい。
四季咲きでピエールに似たつるバラを探していて辿り着いたのが、ザ・ウェッジウッド・ローズでした。

ピエール似でとても美しい花なのに、イングリッシュ・ローズの中でもあまり人気がないようですね。
きっとへニャら〜と伸びるクセのある枝ぶりや、ステムが細くてうつむいて咲くところが原因なのかしら?
と育ててみて感じます。

昨年6月頃、パッツン状態の輸入大苗で迎えてから、グングン伸びてくれて2メートル以上になりました。
そして、秋には束ねた枝の上の方でこんなにきれいに咲いてくれました。

20160105235657664.jpg

あなたに決めて良かったわ。

20160105235657dc5.jpg

玄関脇でU字支柱の簡易オベリスクに誘引中。
うつむいて咲くのでなるべく引っ張り上げて誘引。
この暖かさで、枝の先端が芽吹きそうなので、もっと寒くなってきたら先端を切るつもりです。

ピエール様よりデリケートな花びらで、花持ちは劣るかと思いますが、期待しているのです♪

ランキングに参加してみました。
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

誘引お助けグッズ

もうつるバラの誘引を済ませた方も多いと思いますが。。。

この間、手の甲が痒くて、母の形見の老眼鏡を虫眼鏡代わりにかけてよく見てみたら、あちこち小さなトゲが刺さったままでビックリ!
紐を結ぶのに手袋のままだとついイライラして、思わず手袋を脱ぎ捨てて素手で。。。なんてことをしていたせいですね。
なのでこんなことをしてみました。

201601121236057c9.jpg

右の親指と人差し指の先をカット!

これでイライラも少しはましに。
ただ枝を引っ張ったりする時は、右指先は使わないように、掌を使うように気を付けないと、指先が痛い思いをします。

それから仮止めにすごく約に立ったのが、この洗濯バサミ達。
仮止めにも、枝をまとめておくのにも重宝しました。

20160112123605b45.jpg

うちはまだ誘引が残っているけど、今週はとても冷え込むようだから。。。お休みしようかな。

こんな日は鍋がいいですね〜♪


201601121245252ea.jpg


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

白い花のアレンジ

もうすぐ母の命日です。

白い小さなブーケを買ってきて
色付きワイングラスで、クレッセント(三日月)のアレンジを作ってみました。

20160114130608dad.jpg

なかなかいい感じに仕上がったかな?



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

ローズ・ポンパドゥール アーチの大失敗

問題で〜す!

下の画像、どちらがローズ・ポンパドゥールだと思いますか?

201601221355580d2.jpg
(右後方に誰かさんが。。。笑)

答えは、

両方共ローズ・ポンパドゥールです!
全く違う色味ですよね。
これ2番花で、左が切って3日後ぐらいで、右がその日に切ったものなんです。
バラはブルーイングしやすい品種もあるそうで、ローズ・ポンパドゥール様はまさにそういった品種なんですね。
これは、去年の2番花ですが、そのまま枝で咲かせると、もれなく大量のスリップスがうじゃうじゃ〜ってなってしまうので、春と秋以外は、外側の花びらが3枚程浮いてきたら切り花にして楽しむことに決めています。

でも、このブルーイングした切り花のローズ・ポンパドゥール様大好きです。
うちでは1番早くから咲いて、晩秋まで、切ればすぐ蕾をつけて咲いてくれる働き者なのです。

バラを始めて最初の春の開花はローズ・ポンパドゥール様。
アーチの片側担当です。

201601221355581dc.jpg

が。。。蕾が付きすぎて、なかなかシュートが長くなりません(汗
アーチのてっぺんまで行きそうで行かなかったです。
秋にやっと太いシュート出してくれて助かりましたけど(^_^;)

20160122135558cb7.jpg

秋の様子。
秋にこれだけ咲いて、その後もちらほら咲いてくれました。
なのでわたし的には大満足です。

2016012213555832d.jpg

12月下旬、誘引前に切った蕾達です。

ただ、困ったことにアーチの反対側が遅咲きで、初心者の大失敗を犯した上に、他の子達が見頃になる頃、ローズ・ポンパドゥール様の1番花はすっかり終了してしまうという。。。初めての春の開花はそんなショッキングな季節でした。

今年は、開花調整の摘蕾?!とかいうものをやってみようかと思っているのですが、これまた調べてもよくわからないの(T T)
一か八かやってみようかな。。。


誰か詳しい方助けて。。。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

シンデレラ/遅咲きのプリンセス

今日は、先日紹介したアーチのローズ・ポンパドゥール様の反対側担当の、ドイツ、コルデスのつるバラ、シンデレラを紹介しますね。

うちで一番の早咲きがローズ・ポンパドゥール様なのですが、一番遅咲きだったのがナエマ姫とシンデレラ嬢のお2人でした。

「えぇぇーーーーー!!なんてこと( ゚д゚)!!!」

よりによってアーチの両側に一番手とドンジリ娘を配してしまった。。。((+_+))
これだから初心者は。。。好みのつる系で四季咲きでと厳選したつもりが、早咲きとか遅咲きとか全く気にせず、というか早咲きや遅咲きがあるなんて知りもしませんでした。
どのバラも四季咲きとか強香とか強健とか樹形とかの記載はあっても、遅咲きとか早咲きとは書いてないですよね。
よりによってここまでズレなくても。。。(ToT)

そういう場合はやはり、メインをどちらかに決めてアーチを作るしかないのでしょうね。
なので、存在感抜群のローズ・ポンパドゥール様にはアーチの片側で咲いていただくことにして、遅咲きのシンデレラを反対側からアーチ上部をぐいーっと全部担当してもらうことに。
幸いアーチの位置や、花の大きさなんかを考慮しても、その方が感じがいいかなと思えるのが救いです。

20160201123113198.jpg

アーチ向こう側、ポスト周りをローズ・ポンパドゥール様担当にして、写真右端のこちら側からトップの向こう側までをシンデレラ担当ならOK?

それでも今年は、ローズ・ポンパドゥールを早めに少々摘蕾して、シンデレラとナエマ姫には黒マルチで地温を上げてみようかしらと、少しでも花期が近づくように試行錯誤中です。
(アーチのこちら側については、まだ続きがあるのですが、それは次回に)

201602011231135f6.jpg

20160201123113206.jpg

去年、沢山の蕾をつけて全部咲いてくれたシンデレラ。

2016020112311390a.jpg

アーチ向こう側は塀になっていて見えないので、花枝をアーチの隙間からこちら側に引っ張り出しています。

20160201123113ebf.jpg

澄んだクリアなピンクはとても素敵で、クオーター・ロゼットの中輪の花形もラブリーでとても気に入りました。

201602011231131a7.jpg

しかも「病気に強いバラ100選」にも入るくらい丈夫です。
葉の形が特徴のある可愛い丸形で、色の深い分厚い照り葉で、休眠期が近づく頃、下の方が黄色や黒星になるくらいです。

ステムを半分以上切っても、ちゃんと蕾をあげて、二番花もそれなりに整った形で咲き、切ればまた蕾をつけ。。と四季咲き性も良さげでした。
昨年は、ベーサル・シュートも立派なものを2本も出してくれました。

でも、ほぼ全員が四季咲きのバラの我が家で、この子だけ秋に咲くことはありませんでした。
同じ遅咲きのナエマ姫は秋以降も咲いてくれましたが。

どうやらシンデレラは気温が下がってくると、早めに蕾をつけるのをやめるようです。
あんなに何度も咲いてくれたのに、すごく以外でした。
今年の夏剪定はシンデレラだけ早めにして様子を見ようかしら?

お花は、とても愛らしい中輪房咲きなのだけれど、刺はなかなかスゴイです。
樹勢も強いし、顔に似合わず。。。な成長っぷりを見せてくれたんだから、早めの夏剪定で、秋にもその可愛いらしい姿を見せてくれないかしら。。。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

シンデレラ/アーチの誘引

先日の、アーチのシンデレラのお話の続きです。

クリアピンクのシンデレラも充分可愛いけれど、ご近所のピエール様を見ると、やはりメインには大輪がいいなぁと実感してしまいました。。。

2016020515431885f.jpg

かといって、ローズ・ポンパドゥール様がアーチの主役では、華やかでも、ちょっと派手すぎてくどいような。。。それに、ガーデンルームの暖蘭物語と家のタイルのアイボリーホワイトをより上品に素敵に見せてくれるのは、ピンク系よりもホワイト系かなぁ。。。と。

真っ先に浮かんだのは、王道ピエール・ドゥ・ロンサールのホワイト版、ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール!

でも、小さなうちの庭には出来れば四季咲きの似た花をお迎えしたい。。。ネットで調べて、どうやらセバスチャン・クナイプというシンデレラと同じコルデスのバラがかなり近くて四季咲きらしいとわかり、去年新苗でお迎えしました。
で、シンデレラは可愛らしい花が沢山咲くので、去年のようにアーチ側面を担当していただくことにしたのです。

20160205154318e5c.jpg

今年は側面でなるべく水平にこんな感じで誘引してみました。
可愛いからたくさん愛でたいなと思い、アーチより幅広に。

20160205154318f38.jpg

壁側から見るとこんな感じです。

20160205154318c87.jpg


201602051543184cd.jpg

アーチ上部には正面側セバスチャン・クナイプのシュートをぐぐぐいーっと誘引し、後ろ側には去年出たシンデレラの太いベーサル・シュートを二本誘引。
これは、まだ新苗だったセバスチャン・クナイプがどの位咲いてくれるかわからないので、あまり咲かなかった場合の保険です。

上手くいけば、正面から見たらセバスチャンの白い大輪、後ろから見たらシンデレラのキュートな中輪のピンクの花が見られるかも。。。と皮算用のタヌキや欲張りなウサギのように画策中(笑)

20160205154810121.jpg

反対側のローズ・ポンパドゥール様は、ポストを囲むようにアーチに誘引。

201602051548106f6.jpg

アーチが広く見えるかも?!

20160205154810bcc.jpg

前方では、アーチ上部を飾るセバスチャン・クナイプとお手手をつないでもらいました。
どんな風になるでしょうか?


でもね。。。期待のセバスチャン・クナイプもどうやら遅咲きらしいという噂。
この子も黒マルチ組かしらね(笑)


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆

寒肥作業のあとは。。。

昨日、やっと寒肥作業が終わりました。

20株弱なのに、せいぜい20センチ位の溝(穴ではないです)を掘って、埋めていく作業も、次第に溝が浅くなり、最後は5センチぐらいになってたような。。。

20160207105353e57.jpg

掘ったあとは、野良猫さんにウンチされやすいので、こんなものを置いていきます(笑)

作業しながらも。。。
これって、来年から3月頭とかにやっちゃダメなのかしら?
浅い溝なら根も痛まないし、そんなにかわらないんじゃない?
なんて考えがずっと頭の中ぐるぐるしてました( ´Д`)=3

誘引作業は、楽しさもあるけれど、寒肥作業はただただしんどいわ。

昨夜は、東京も雪とかいう程、外は寒かったです。
冬の薔薇作業の後は。。。やっぱり鍋ね。

20160207105353420.jpg

電気式グリルポット、四角形使いやすいですよ♪

鍋って、花形人参とシイタケの飾り切りで、断然テンションが上がると思いませんか?
いい材料がそろわなくても、このふたつは外せない気がします。
視覚でワクワクすることって、鍋の重要なポイントだと思うのです。

201602071053538b4.jpg

春を待ち焦がれて、桜の花形人参です。
薔薇型ってないかしら?


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加してみました↑
クリックしていただけると励みになります
☆よろしくお願いします。☆