Russian Pink

〜薔薇とピンクと陽だまりと〜

出窓のピンクはご機嫌ナナメ(=`・´=)

ピンクが出窓からお外を見てまったり〜♪(=゚ω゚)ノ

201702181155440a7.jpg

出窓のこのコーナーは、我が家の歴代ペット達の仏壇コーナーです(=^・^=)v

20170218115544507.jpg

みんなと一緒に写真を撮ろうね(*‘ω‘ *)

20170218115544c7f.jpg

ねぇねぇ、こっち見てピンクちゃん♪ヽ(=´▽`=)ノ

201702181155449bf.jpg

可愛いピンクちゃん♡こっちこっち

ピンクちゃ。。。。。

201702181155440d8.jpg

あーダメだこりゃ。。。(/・ω・)/

み、眉間がぁぁぁ。。。ハゲは脳内消去してね(^.^;

20170218115544708.jpg

  凸(`・´=メ)

ピンクちゃん。。。きょわいです〜(つд⊂)エーン


20170218115614b25.jpg

どうしてそんなに写真が嫌いなの?

クマちゃんと可愛いツーショットが撮りたかったな。。。▼/ェ・、▼ クスン


かろうじて

20170218115614df5.jpg

本日のベストショットです(;´д`)トホホ…

我が家の強香御三家は?

バラの魅力は、もちろん見た目が一番だけど、香りも色々ですよね。
ビギナーなので、アニス?ミルラ?とかまだ全然わかりません。

東京の狭い庭で地植えなので、あまり多くはないうちのバラ様達。
そんな中で、とりあえず1位と2位ははっきり断言できます♪

1位は

20170215211823580.jpg

ナエマ/デルバール

さすが香りで有名なナエマ、ゲランの香水の名をつけられただけあって、とっても素敵なバラの香りです。
でも、決して甘くはなく、高貴で華やかなバラの香りと思います。
少しフルーツ系の香りもあって、爽やかさもあると思います。

20170215211823f94.jpg

この写真は昨年春のものですが、とても綺麗に撮れて嬉しかったのです(〃∇〃)

遅咲きですが、毎朝このバラが咲いた庭に出ることは、ロザリアンとしての至福の瞬間かも知れません♡


2位

20170215211823583.jpg

ローズ・ポンパドゥール/デルバール

フルーツ系の甘酸っぱい華やかな香りは、大輪のゴージャスな花姿と相まって、わたしはナエマより好きな香りなのです。

好き過ぎて、クンクン鼻を押し付けていて気づいたのですが、スターロゼットと言われるその大輪の花に、鼻を押し込んでいくと、奥の方はもっと甘い香りがするのですよ♡
鼻の脂で花弁が汚れちゃいそうですが是非やってみて(笑)
(ポンパ様はきっとすごい迷惑に違いないですけど(*ノωノ) )
ナエマとは反対で早咲きです。

20170215211823975.jpg

さすがフランス デルバールの「香りのバラ」シリーズ。
お互い引けをとらない良い香りです。


そして3位は。。。まだわかりません(*>ω<*)

20170215211823986.jpg

ですが、たぶんERのガートルート・ジェキルの予想。

何故予想かと言いますと、昨年春の開花予定の大苗を購入したのですが、いくぶん花も小さめで、香りも「素晴らしいダマスク香」がほとんどわからなかったのです。

今年は、鉢から地植えにして、ホワイトラティスに誘引しました。
素敵に香って咲いて欲しい(^^♪


そして、3位候補が実はもうひとり。

20170215211912cf4.jpg

新苗をお迎え予定の、アレゴリー様です。
(※画像は「はなはなショップ」様よりお借りしました)

なのでまだうちにはいらっしゃらないのですが、何と言ってもデルバールの「香りのバラシリーズ」のお一人です。
ジェキル様とどちらに軍配が上がるか。。。期待してしまいます(*´艸`*)

実は、ERのムンステッドウッドが欲しかったのだけど、お高いので、似てそうなアレゴリーやプランシス・デュプルイと迷ったりして、結局一番樹形がコンパクトなアレゴリーにしようかと。。。(*ノω・*)テヘ
バラの家の新苗キャンペーンで、今年もやってくれるといいなと思いつつ。。。

201702152118235ef.jpg

この春の3位はとりあえずジェキル様かしら?!

つるバラの誘引 「引き解け(ひきとけ)結び」の結び方

昨日は、Nさんがラティスの仕上げに来てくれました。

わたしは、前日に穴掘り、土入れ、誘引など、普段しないことをして、背中〜腰の筋肉痛がひどくて、何をするにも超スローモーション状態でした(つд⊂)エーン

試しに、馬油を塗って寝たらすごく良くなっててビックリ♪
でも昨日は、念のため植え替えの穴掘りをNさんにお願いしてしまいました(^_^;)

男手っていいわね〜(人´∀`).☆.。.:*・゚

201702131712477cc.jpg

猫の手はあるんだけどね(=^・^=)v

植え替えや誘引で疲れて、昨夜は早く寝てしまいました。
作業前にも馬油を塗ったおかげで、もう痛みは全くありません。

誘引するのに、「男結び」や「引き解け結び」など色々やっているうちに、自分にとって早くて結び易い方法がわかってきて、次第にそればっりに。。。

どうやらわたしには、Nさんが教えてくれた「引き解け結び」が楽で結び易いようで、だんだんそればっかりになってしまいまいた(^.^;

「男結び」と同じように、紐をポケットに入れて長いまま結べます。
イラついてつい手袋を脱ぎ捨てて傷だらけなんてこともなくなるし、何より紐の無駄がほとんど出ないのでいいですよ(^^♪

自分用の覚書としてアップしますので、興味のある方は参考にしてみて下さいね。

といっても、皆さん誘引終わってますよね(^m^;)

【引き解け結び】

20170213171247576.jpg

1.誘引する枝に右手で紐をかけ、短い方を下にする。

20170213171247867.jpg

2.短い紐の先端を持って、手前から左側へ持っていき
  左側の紐の上から引っ掛けて、手前に出すようにする。

20170213171247b0d.jpg

3.出した紐を下に向けてそろえるとこのようになります。

2017021317124720d.jpg

4.矢印の方向に引いて、固く結ぶ。
  (この時、出した紐の長さを短く調節できます)

20170213171247a90.jpg

5.結び目をおさえながら長い方の紐を引くと、
  結び目が移動して留まるので、
  長さをそろえてカットして出来上がり。

  ※この結び目を引っ張ると簡単に解けます。

最初に紐をクロスする時に、短い方を上にする結び方もありますが、わたしはこちらの方が結び易いです。

家庭用の誘引で、1年持てば良いので、この結び方が簡単で良さげです。
果樹農家さんでも使っているようです。

せっかく覚えた「男結び」も、時々やってますよ(笑)
プロ気分に酔いたい時とか(*´艸`*)

寒くてもやっぱり楽しい誘引作業

いつもなら、新苗でもすぐに地植えするズボラ栽培のわたしなのですが。。。

20170211194128091.jpg

昨年お迎えしたバラ様方やクレマチスは、冬にラティス設置予定だったので、柱の位置や出来上がり具合を見てから地植えにしなければならず、ずっと鉢栽培のまま苦手な水やりを続けてました(=_=;)
虚弱体質にはしんどい一年でした(^_^;)

今日は風もなく暖かかったので、ガートルード・ジェキルとオデュッセイアを地植えして、ラティスに誘引しました。
なるべく明日で、だいたい終わらせたいのですが。。。

2017021119412884f.jpg

本日の画像は昨年誘引したバラ様達の春の様子です♡

しかし。。。穴掘りはしんどいです(-_-メ)

うちの庭というか、土の部分は小石混じりで、20センチも掘ると粘土と大きめの石がびっしりの層に突き当たります(-_-メ)

そこからがまた大変で、いつもせいぜい5センチ程掘ってギブアップしてます。

でも、超冷え性なわたしですが、つるバラの誘引はやはり楽しいです♪

20170211194128aff.jpg

一昨年は、バラを始めた年で、誘引はアーチの2種類だけ。

昨年は、つるバラの新苗が7つ増え、貧相ながらもオベリスクなどに誘引。

今年は、つるバラの新苗は3つ増え、他のつるバラは立派な枝ぶりとなってきて、試行錯誤の始まりを感じています(*_*;

この春は、花径、花の付き方(うなだれちゃんかどうかとか?)、ステムの長さ、シュートの太さやクセなど、よく観察して、来年の誘引に活かせる用にチェックが必要ですね。

201702111941281ca.jpg

わたしのイメージとしては、壁面一杯に誘引して、バラで一杯にするよりも、誘引の枝をセーブして、ラティスの白い余白も楽しめるようにしたいのです♡

とりあえず、今年は普通に誘引して、その様子をみて、来年へむけて妄想しようと思ってます。

201702111941284c6.jpg

紐の結び方は。。。

余裕のあるところは「男結び」(中之島バラ園、T&Nさん推奨)
やりづらい場所は「引き解け結び」(Nさん直伝)
難しい場所は「テキトー結び2回」としっちゃかめっちゃかです(≧∇≦)

ホワイト・メイディランド 2016晩秋〜初冬

メイアンの修景用バラのホワイト・メイディランドです。

20170208184125048.jpg

修景用にはもったいない位のクシュッと可愛い白いバラです。
2年前の新苗ちゃんでした。

201702081841254f0.jpg

こちらは春の様子です。
深い緑の照り葉と、花の白のコントラストがとても魅力的♡
(って、つきいろさんのパクリかい?!(*ノェノ))

20170208184125e17.jpg

全体的に秋花の後の方がきれいに咲いたので、やはり夏剪定が早かったのねとつくづく。。。U-ェ-;Uゞ

201702081841257a1.jpg

しっかりした花びらがクシュクシュッと多いので、やはりうなだれちゃんの部類かも(^^♪

20170208184125907.jpg

春とはちょっと違う、秋のクシュクシュ感がわかってもらえるかしら?!

201702081841250f3.jpg

とっても花持ちが良い子で、この頃12月中旬は2週間くらいほっといても変わらなかったと記憶しています。
うちの庭では一番最後まで咲いていたバラでした。

20170208184359107.jpg

昨年は、つきいろさんもメアリーさんも紹介されていたので、ちょっぴり知名度上がったのでは?!
と嬉しく思っているのです(*‘ω‘ *)

20170208184359193.jpg

まだ蕾はいくつかあったのだけど、この後、葉を落として枝先をカットして、休眠してもらいました。
カットしなければ、ちゃんと咲いてくれたのではないかしら???

20170208184359fc5.jpg

香りがないのだけが寂しいです。
もし、このお花で優しい香りがしていたら。。。修景用にはならなかったような気がします(*´ェ`*)

サンルームからの眺め

昨日は、東京は4月の暖かさ。
だんだん陽が高くなり、2月の晴れた日のサンルームとリビングは、笑っちゃうくらいポカポカなのです♪

ホワイトラティスも、Nさんが金具の黒い部分を白ペンキで塗ってくれて、更に美しくなりました。

20170205155429b86.jpg

すっと気になっていた、サンルームからの眺めも
お隣りのブロック塀が2メートルもあって

20170205155429c23.jpg

こんな感じに変わりました〜♪ヽ(=´▽`=)ノ

ピンクも更に美しく見え。。。

20170205155429b72.jpg

あ、ハゲが。。。(=_=;)

まぁ、ハゲは置いといて、とにかくぱっと明るくなりました。
緑の∪字支柱の簡易オベリスクも、ラティスに合わせてホワイトオベリスクに新調しました。
(緑の支柱が右側に写ってますね(= '艸')ムププ)

ホワイトの効果は素晴らしい〜☆彡

少しずつ、少しずつ、誘引を始めました。
全体の総集編はまたゆっくりと紹介します。

お楽しみに♡

ザ・ウェッジウッド・ローズ 2016晩秋〜初冬

うちの初めてのERザ・ウェッジウッド・ローズです。

201702011930178e4.jpg

輸入大苗でお迎えして、昨年で2年目。
陽当りまぁまぁの玄関横にいます。

ベーサルはまだ出ていませんが、サイドシュートがよく伸びる子で、フロリダ・パンダさん達より細い枝先にしっかりと蕾をつけるのです(^^)v

20170201193017b01.jpg

秋の花は剪定が早かったせいか、あっさり顔で残念でしたが、見た目より寒さに強いみたいで、晩秋〜12月中旬までかなり蕾をつけてくれました。

20170201193017ac1.jpg

開きかけた蕾も花びらが充実してきて。。。

20170201193017cc6.jpg

少しずつ、本来のゴージャスさが戻ってきて

20170201193017275.jpg

こんなに美しいお顔は春以来でした(*^^)v

201702011930179e3.jpg

更に、次々と蕾がほころんできて

20170201193052c3c.jpg

繊細で透けるような薄い花びらがぎっしり詰まって

201702011930526d9.jpg
毎日、その様子にうっとりと魅せられていました♡

けれど、この美しい蕾達のほとんどが、タイミング的に寒さが厳しく開ききることは出来ませんでした(´Д⊂グスン

2017020121085065c.jpg

こちらは、この頃に咲いた一番大きなお花です。
どうです?
繊細かつ豪華なこの花びらの様子(*‘ω‘ *)

春と違って、香りはあまりしませんでしたが、花持ちはとても良かったです♪
昨年は、よく伸びてくれたので、春は沢山咲いてくれるといいな((o(´∀`)o))ワクワク
春は、薄い花びらが強い陽射しに負けてしまいがちなのですが(;_;)

まだ無理すると、微熱が上がる状態なので、お外に出るのもちょっとだけ。
しばらくたまった写真が続きます(笑)

クレマチス ジングルベル  2017冬の開花

昨年、思いつきでイチジクに誘引した、冬咲きのクレマチス、ジングルベルが咲き始めました。

201701302043300b2.jpg

他に誰も咲いていない凍える庭で、ひとりだけ可愛い姿で注目独り占め〜!(≧∇≦)/

と、思ったら。。。

20170130204330c70.jpg

既に後ろ側で咲いていました(*_*;

この寒さの中、日陰側でとても清楚で可愛らしいです♡

20170130204330c30.jpg

午後の陽射しの中、影とのコントラストが美しいです。

花は少なくても、とても嬉しい真冬の開花です(=゚ω゚)ノ♪

20170130204330c69.jpg

全体像はこんな感じです。

ラティス完成まであと一歩。
見違えるようにイチジクもジングルベルも素敵に見えます♪

20170130204330cf6.jpg

もっと大きく育っていたのに、枝を整理した時に、切る枝を間違えて半分以上が生ゴミに。゚(゚´Д`゚)゚。

20170130204330ee9.jpg

でも、イチジクの幹で結構絵になっているでしょ?!

ゴージャス系のお花ばかりのうちの庭で、白い小さな天使みたい(*‘ω‘ *)

20170130204351798.jpg

上から見てもこのかわゆさ(〃∇〃)

もうもう惚れ直しちゃう〜♪(*´Д`*)ポポンッ

バックのホワイトラティスに、ピンクや紫系の冬咲きの壺ちゃんを増やしたくなってしまいました。

あ〜、またひとつ病気が増えそうよU-ェ-;Uゞウーン

(ΦωΦ)猫のセカンド・オピニオン

ピンクの耳に茶色いカビが繁殖する症状が出て、約1年半になります(-_-メ)

もう2度目の冬。。。キャットハウスにあんかを入れているせいか、蒸れて昨年の冬は悪化し、両耳の裏側がハゲてひどい時は大きなカサブタが出来ていました(>_<)

20170128035357e09.jpg

ハゲてます(^_^;)

カビはとっくに出てないのに、常にかきむしっていて、今回は近所に出来た新しい動物病院に行ってみました。
猫のセカンド・オピニオンですね(笑)

結構大きな病院ですが、リーズナブルな料金で、入院患者の「面会室」もあり、優しい看護師さんも数人います。
先生方は皆若く可愛い〜♪(ちゅる(^q^))
先生って若い方がいいらしいです。。。最先端を知っているからだそうです。

20170128035357817.jpg

反対側もハゲてます(=_=;)

とてもていねいに耳掃除をしていただき、耳はきれいだそうで、たぶん痒みで掻きむしるのがクセになっているのでは。。。ということでした(-_-;)

前の病院で全抜歯した口内炎は、すっかり良くなっているとのことでした。
でも、猫風邪の後遺症の鼻水や目の腫れも(たぶん治らない)あって、抗生物質とかゆみ止めの注射を打っていただき、お薬も出ました。

201701280353570f8.jpg

「今日もやっぱりハゲがある」。。。(つд⊂)エーン

毎晩、鼻水を拭いて目薬と点耳薬をさすのだけど、病院に行った夜から血も出てないし、とても調子良さそうです(=^・^=)v

しばらく様子見ですが、やはり行ってみて良かったかも♡

201701280353574d0.jpg

「文句あるの?!」
 いえ、ありません。。。けどみっとも悪いです(~_~;)


最近、こちらでは新しい動物病院はみんな大きくて、看護師さんも大勢いて、設備も人間の大学病院並で、しつけ教室、献血システム、飼い主と入れる酸素カプセルまであるところも。

先生に「この子、かわいい性格してますね〜」なんて言われて、わたしは内心ピンク小脇にかかえて天に昇っちゃいましたよ(*ノω・*)テヘ
みんなに言ってるとは思いつつ嬉しい親馬鹿(^^♪

いつも思うのですが、いい先生は、どんなに優しそうでも、瞳の奥に落ち着いたクールな光が宿っています。

新しい病院に行くのは面倒くさいけど、長引く時はセカンド・オピニオンは大切ですね。

病み上がり早々で疲れたわ〜((+_+))

雨に濡れるセバスチャン・クナイプ

本日は、過去写真からの紹介です。

先日、mimihaさんちでこの子の名前を見かけ、雨に濡れた美しい写真がたくさん残っていたことを思い出しました。

20170125215542650.jpg

我が家のアーチの主役セバスチャン・クナイプです。

201701252155427c9.jpg

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールに似た、四季咲きの白い大輪のつるバラを探していて、やっと見つけたとても思い入れのある、コルデスのバラです。

201701252155423ca.jpg

新苗でも翌春にはこの咲きっぷりでした♪

四季咲きですが、昨年は春しか咲きませんでした。
でも良いのです♪
正直、毎日脚立にのっての花がら切りは「春だけでいいや〜」と(^^ゞ

バラも増えてくると、予想以上に手間が増え、色々と思い直すこともでてきますね(笑)
あんなに四季咲きにこだわってたクセに何言ってんだかね〜(^_^;)

20170125220456673.jpg

それにしても、バラが咲き始めてピークを迎える頃

201701252209269cb.jpg

決まって降る雨(-_-メ)

20170125220456db8.jpg

このセバスチャン・クナイプもそうでした。

20170125220926e71.jpg

美しい雨の中のセバスチャン・クナイプを見て下さいね♡

2017012522092659e.jpg

雨の中濡れながら

2017012522092659c.jpg

美しい姿を撮ったのは

20170125220926a11.jpg

やはり思い入れが強いバラだから。

201701252209268ca.jpg

ステムが長そうで、アーチではどうかな?
20170125221047b2a.jpg

という心配もありましたが。。。

2017012522104762d.jpg

アーチ正面の南に向かって伸びたステムに咲く、こんな動きのある雰囲気がとっても気に入って

20170125221047342.jpg

まるで空飛ぶクラゲ〜♪
いえ、もう少しロマンティックに言えないものかしら(笑)

20170125220456b5b.jpg

でも、本当に美しいバラには言葉なんて

201701252204563ad.jpg

い・ら・な・い♡

でしょ?!

ただね〜、ドイツの入浴療法で有名な神父様の名前なのだそうだけど。。。正直もっとロマンティックな名前にして欲しかったわ(;_;)
「ブランピエールより美しい」と言われることもあるのに、ず〜っとマイナーなのは絶対名前のせいだと信じてるの(-_-メ)

と思っていたら「水野バラ園」とかいうところで「フレグラントメモリーズ ノスタルジック」なんて名前で売られていてビックリ!(@@;) 
これもなんかイマイチ浸透しなそうだし(´;ェ;`)ウゥ・・・

201701252155420aa.jpg

今年の春は、もっと大輪の充実した花をつけてくれるかしら?!
ダイナミックなクラゲの海遊のように咲き誇って欲しいと思っています。

2017012521554257a.jpg

期待していてね(=゚ω゚)ノ♡
これはプロフィールに使用している画像ですよ〜☆彡